長寿の秘訣を解説

グルコサミンコンドロイチンランキング

*

グルコサミンとコンドロイチンは最近テレビのCMなどで、よく出るキーワードの代表例として取り上げられています。

もちろんコマーシャルだけではなくて、健康番組や情報番組、通販番組などでも多く使われている言葉の代表例でもあります。

ではいったいこのグルコサミンとコンドロイチンはいったいどういった役割があるのでしょうか。
グルコサミンの話題があがると必ずと言っていいほど、それと同時に取り上げられるコンドロイチンこの2つの役割について、それぞれ解説していきたいと、思います。

まずグルコサミンについて解説します。

グルコサミンとは

グルコサミンとは、酷使した軟骨を修復、再生する役割を持っています。
グルコサミンが含まれる健康商品は通販サイトなどでもたくさん販売されていますが、多くはご高齢者のような膝の関節の間にある軟骨の痛みやすり減ったことによる慢性的な痛みを除去してくれるのに、大いに役立っているのです。

つまりグルコサミンは膝関節を酷使する仕事をしている方ほど、積極的に摂取すべき栄養素になります。
膝を酷使する職業というのは限られていますが、
引越し業務や、土方などの仕事などの力仕事は、意外と膝関節を酷使することになりますので、定年退職後の老後の対策として、グルコサミンを摂取しておく必要性があります。

コンドロイチンとは

コンドロイチンとはグルコサミンが生成されると同時に分泌される成分の一つであり、こちらは直接私達の体をサポートする役割をもたず、
間接的にグルコサミンの効果を補う役割をもっています。

グルコサミンが軟骨の機能を修正して元通りにするのに対して、コンドロイチンはその軟骨の状態を維持する役割をもっています。
具体的には軟骨に水分で潤うようにしておき、軟骨の骨分子の分解を押さえるといったものです。

この役割のお陰で、せっかく修正した軟骨が壊れること無く、健康的な軟骨を維持できる役割があるのです。

まとめ

このようにグルコサミンとコンドロイチンの役割は、双方がかけていると効果が半減してしまいどちらも無くてはならない、
欠かせないものになっています。

ただグルコサミンを摂取しておくことを意識しておけばコンドロイチンも必然的に摂取できるので、両方を摂取しなければいけないという意識はそれほどもたなくても大丈夫です。

ぜひグルコサミンを積極的に摂取しましょう。

グルコサミンコンドロイチン人気の売れ筋

DHA&EPA+N-アセチルグルコサミン

数あるDHA&EPAサプリの中で、記憶学習能改善剤として注目されている特許取得成分を配合!
話題の特許成分N-アセチルグルコサミンと
魚のサラサラ成分、DHA・EPAのトリプルパワーで毎日シャキッ!

植物生まれのグルコサミン

植物性グルコサミンはアレルギーの方でも安心して摂れる貴重な成分。健康家族では、厳選されたトウモロコシ由来の国産グルコサミンをギュッと凝縮して、安心感と飲みやすさにとことんこだわっています。

植物生まれのグルコサミン

やわた【国産グルコサミン】

グルコサミンはアミノ酸と糖が結びついたアミノ糖の一種で、年齢を重ねると量が少なくなっていきます。
日本有数の漁港、鳥取県境港で水揚げされたカニ(ベニズワイガニ)から抽出したグルコサミンに、コンドロイチンとヒアルロン酸を配合。抽出法の優れた、地元、日本海で採れる原料にこだわりました。通常グルコサミンは、エビやカニなど様々な甲殻類の殻から抽出しますが、<やわた>のグルコサミンはベニズワイガニの腹と足のやわらかい部分のみを使用しています。

国産グルコサミン